Bellbet | Was it the brass boot that you dropped?

Was it the brass boot that you dropped?

こんにちは。ベルベット吉祥寺店です。

先週末は吉祥寺の秋祭りでした。

規模を縮小しての開催とのことでしたが、3年ぶりの秋祭り、やっぱりいいものですね。

吉祥寺の街を各町会自慢の御神輿が練り歩く様子は秋祭りならではの迫力。

今年は参加できませんでしたが、いつも担ぎ手として参加させてもらっていたこともあり、

ベルベットの前をお神輿が通った時は血が騒ぎました。エッサ!ホイサ!

my半纏も持ってるんですよ。来年は久しぶりに御神輿担げるといいなぁ、、、

できればマスクなしで🥺

 

 

さてさて、

吉祥寺店にはニューアイテムがたくさん入荷しており、こちらもお祭り状態ですよ。

今回も見どころの多い素敵アイテムが充実しております。

1点目はとってもエレガントなダイニングセットのダイニングテーブルから。

 

 

ID/ 2205G055

Material/ チーク、ウォルナット、真鍮

Maker/ JL Moller

Designer/ N.O. Moller

Size/ W 130 D 90 H 75.5  Ex 53.5×2

 

 

デンマークの老舗メーカーJL Mollerの1950~60年代頃の作品。

JL Mollerはその品質の高さで現在も世界中から評価を得ている北欧を代表するメーカーです。

デザインは創業者のN.O. Moller(ニルス・オットー・モラー)。

経営者としても、デザイナーとしても北欧の家具業界を牽引してきたN.O. Mollerの

作品には、時代を超えても色あせない魅力があります。

 

 

今回届いたこちらのテーブルも、一目見てそのクオリティーの高さがわかる逸品。

 

 

お気付きでしょうか。足元の輝き。

ファッショニスタ達は言います。「お洒落は足元から」と。

チークの天板にウォルナットの脚、その美しいコントラストを楽しみつつ、足元まで視線を落とすと

 

 

真鍮のブーツを履いているのです✨素敵✨

 

ヴィンテージ家具の中でも、足元の真鍮ブーツはなかなかないレアなデザインです。

深い色味のウォルナットの脚に真鍮が映えて上品なアクセントに。

うっとりするような美しいダイニングテーブルテーブル。

 

 

幅130cmと比較的コンパクトなサイズ感ですが、脚が端についたデザインで脚間は

しっかりとれているため、大人が横に並んでも無理のないスペースが確保できますよ。

 

幕板にはチークの無垢材が使われていて、素材の使い方を家具づくりの重要な要素とする

JL Mollerのこだわりを感じます。

接合部の美しさもさすがの職人技!

 

 

もちろん、エクステンションもついていますよ。

 

 

両サイドのエクステンションを広げると、最大237cmの大きなテーブルに早変わり。

拡張の動作にはほとんど力を使わないので、女性でも簡単に出し入れできます。

 

来客時はもちろん、これから寒くなると生じる‘’お鍋の時に食材が乗り切らない問題‘’も

エクステンション機能が解決してくれます。

 

 

さらに、エクステンション部分と天板部分の木目がしっかり通っているのもポイント。

御覧の通りのチークの美しい板目を存分に愉しんでいただけます。

 

 

そして、この美しいダイニングテーブルに合わせているのがOle Wanscher(オーレ・ヴァンシャー)

デザインのダイニングチェアセットです。

 

ID/ 2205R224

Material/ チーク

Maker/ A.J. Iversen社

Designer/ Ole Wanscher

Size/ W 50.5 D 50 H 80 SH 44

 

Ole Wanscher(オーレ・ヴァンシャー)

 

 

巨匠Ole Wanscher(オーレ・ワンシャー)と、技を極めた家具職人に与えられる

最高位スネーカーマスターの称号を持つ A.J. Iversen社による作品です。

 

肉厚なチークの無垢材を贅沢に削り出した曲線はOle Wanscherのこだわりと

A.J. Iversen社の高い技術力を存分に感じていただける一脚。

 

 

 

スマートなフォルムでありながら、チークの素材感をこれでもかと生かしたデザイン。

脚から背もたれにかけてのこの優美なライン。彫刻的な美しさも感じます。

美術史学者を父にもつOle Wanscherらしい芸術性の高いチェアーです。

美しい曲線は心地よい座り心地にも導いてくれますよ。

 

背もたれにもご注目ください。

 

 

優しい背もたれのカーブに現れた繊細なフィンガージョイント。

フィンガージョイントとは、その名の通り指と指と組むようにジグザグの部材同士を

継いで強度を保つ接合方法ですが、この椅子ほどの精密な接合部はなかなかお目にかかれません。

 

フィンガージョイントに目が行きますが、すべての接合部が一流の職人技を感じる仕上がり。

今の家具では見られない贅沢な素材使いと、クラフトマンシップの賜物です。

 

 

ファブリックには老舗のデニッシュアートウィーヴィングのグリーン地を採用。

先日お嫁に行ったKai Kristiansenのペーパーナイフソファに張ってチークと

とっても相性がよかったので、この上品なダイニングチェアに合わせてみました。

やっぱり素敵ですね。

 

デンマークが生んだ偉大なデザイナーのダイニングテーブルとダイニングチェア、

クラシカルなダイニングセットはいかがでしょうか。

 

 

今日はもう一点。

人気のシャッターキャビネットのご紹介です。

 

ID/ 2205R191

Maker/Vamo Sonderbong 

Material/ オーク

Size/ W 120 D 46 H 75

 

北欧家具ならではのシャッターキャビネット。

私もいつかは欲しいシャッターキャビネット。

 

Vamo Sonderbong社は巨匠アルネ・ヴォッターなどの作品を手掛けていたデンマークの名工。

 

 

使いやすい幅120cmは、コンパクトなサイドボード感覚でもお使いいただけます。

 

鍵穴に鍵を差し込んで回すと、シャッター式の扉が下りていきます。

閉めるときは取っ手で上げて上部の部品にグッとはめ込むだけ。

楽しくて、つい何度も開け閉めしたくなってしまうシャッターキャビネット。

 

 

内部はトレイ式の収納になっています。見ているだけでもワクワクする仕様ですね^^

 

トレイ式は書類などの収納に便利ですが、食器やカトラリー、クロス類の収納としても

使いやすいので、リビングダイニングでも活躍してくれますよ。

 

置くだけでインテリアのおしゃれなアクセントにもなってくれる北欧らしい収納家具。

人気のアイテムなので、お探しの方は要チェックです◎

 

 

お祭りが終わると、いつもの街も少し寂しく感じてセンチメンタルになりますね。

そんなときは、北欧家具のぬくもりに癒されにいらしてください。

楽しいスタッフと素敵な家具がお待ちしております。

 

 

吉祥寺店 芹澤