Juliane chair by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik

Juliane chair by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik

Juliane chair by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Juliane chair by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Juliane chair by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Juliane chair by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Juliane chair by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Juliane chair by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Juliane chair by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Juliane chair by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Juliane chair by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik

1965年、巨匠Johannes Andersen(ヨハネス・アンダーセン)デザインのもとUldum Mobelfabrikより発表された名作ダイニングチェア通称”ジュリアンチェア”。ローズウッド材を削り出して造られた彫刻作品のような美しいフォルムが特徴的で、立体的なカーブを描いた背もたれは背中をしっかりと支えてくれます。またその美しいフォルムとは対照的に広めに設計された座面での座り心地も申し分なく、機能性とデザインが美しく調和した実用的な逸品です。キャメルレザーと内部ウレタンは新たに張替えミッドセンチュリーらしい上品な佇まいに仕上がりました。

※在庫は掲載画像2脚とメンテナンス前の在庫2脚御座います。メンテナンス前の在庫2脚につきましてはお届けにお時間を頂きます。

商品ID 2205F106
材質 ローズウッド
寸法 (cm) W 50 D 51.5 H 79 SH 44
送料 Bランク  詳細
販売価格 1脚 ¥168,000 (税込)

 

弊社のヨーロッパヴィンテージアイテムは主に1950〜70年代に生産され、自社工房にて経験豊富な職人によるメンテナンス及び張替えを施しております。商品の状態は画像と説明文にて記載しておりますが、ヴィンテージ独自の細かな傷などございますので予めご理解下さいませ。商品のより詳しい状態についてご希望の際は商品IDを明記の上、お気軽にお問い合わせ下さい。また初めてのご購入をご検討の場合は是非、ご安心してご注文が出来るようショッピングガイドを一読頂けますようお願い致します。