No.42 Dining chairs by Kai Kristiansen with Guell Lamadrid

“No.42” Dining chairs by Kai Kristiansen with Guell Lamadrid

No.42 Dining chairs by Kai Kristiansen with Guell Lamadrid
No.42 Dining chairs by Kai Kristiansen with Guell Lamadrid
No.42 Dining chairs by Kai Kristiansen with Guell Lamadrid

デンマークの巨匠デザイナーKai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)デザインにより1957年、Schou Andersen møbelfabrikより発表された名作ダイニングチェア”No.42”。北欧デザイナーズチェア、延いては世界の名作椅子の中でもトップクラスの知名度と人気を誇り、生産から半世紀を過ぎた今でも埋もれることなく個性を放ち続けているデニッシュアイコンです。その魅力は初見の美しいシルエットから始まり、ハーフアームと呼ばれるエッジの効いた肘掛はテーブルに収まり易く、立ち座りの動線の邪魔にならない機能性。数ミリ可動する背もたれは、座る角度に合わせて背中を支え、腰への負担が軽減されます。さらに座面の内部はウェービングベルト中心で構成され、板張りの底突き感も無く、細部にまで座り心地を追求したデザインであることが分かります。

No.42 Dining chairs by Kai Kristiansen with Guell Lamadrid
No.42 Dining chairs by Kai Kristiansen with Guell Lamadrid
No.42 Dining chairs by Kai Kristiansen with Guell Lamadrid
No.42 Dining chairs by Kai Kristiansen with Guell Lamadrid

ファブリックには、高品質かつ上質な生地を展開するスペイン、バルセロナ発のエディターブランドGUELL LAMADRIDの若手デザイナーであるQuintana Partnersが今年発表した60年代に流行した音楽フレンチポップからインスパイアされたファブリックを採用し、42番のモダンさとGUELLのレトロ感が融合し、温かみのあるアバンギャルドな外観に生まれ変わりました。

商品ID2011F042
材質オーク
寸法 (cm)W 54.5 D 55 H 75 SH 46
送料Bランクx2  詳細
販売価格SOLD

弊社のヨーロッパヴィンテージアイテムは主に1950〜70年代に生産され、自社工房にて経験豊富な職人によるメンテナンス及び張替えを施しております。商品の状態は画像と説明文にて記載しておりますが、ヴィンテージ独自の細かな傷などございますので予めご理解下さいませ。商品のより詳しい状態についてご希望の際は商品IDを明記の上、お気軽にお問い合わせ下さい。また初めてのご購入をご検討の場合は是非、ご安心してご注文が出来るようショッピングガイドを一読頂けますようお願い致します。