Dining table by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik

Dining table by Johannes Andersen

Dining table by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Dining table by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Dining table by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Dining table by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Dining table by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Dining table by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Dining table by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Dining table by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Dining table by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik
Dining table by Johannes Andersen for Uldum Mobelfabrik

1960年代にデザイナーJohannes Andersen(ヨハネス・アンダーセン)デザインのもとUldum Mobelfabrikより発表されたダイニングテーブル。
良質なチークとウォルナット材が使用され、アンダーセンの独特な横からのフォルム、職人によって丁寧に削りだされた滑らかで美しいラインはミッドセンチュリーの木製家具特有の高級感を感じます。天板は片方を伸ばすとエクステンションが収納されており、来客時には幅68cmと大きく拡張することが出来ます。一見片側のみのエクステンションは安定感が懸念されますが、もう一方の天板裏には重い石板が格納され、拡張時にも安心してご使用できるユニークなデザインになっています。※こちらのお品は組み立ての必要な家具です。

商品ID806P048
材質チーク、ウォルナット
寸法 (cm)W 152 D 86 H 72 Ex 68
付属品組立用工具
送料Cランク  詳細
販売価格SOLD

弊社のヨーロッパビンテージアイテムは主に1950〜70年代に生産され、自社工房にてメンテナンス、張替えを施しております。商品の状態は画像と説明文にてお伝えしておりますが、細かな傷などわずかなダメージは全て表現しきれない場合もございますので予めご了承下さい。 商品のより詳しい状態についてご希望のお客様は商品IDを明記の上お問い合わせを頂くか、店舗へのご来店をおすすめ致します。 また商品の画像は当日の撮影状況及びお客様がご使用のモニターなどの違いから実際の色味や風合いと若干異なる場合がございますのでご注意下さい。