OASE easy chair by Wim Rietveld

“OASE” easy chair by Wim Rietveld

OASE easy chair by Wim Rietveld
OASE easy chair by Wim Rietveld
OASE easy chair by Wim Rietveld

オランダを代表するデザイナーGerrit Rietveld(ヘリット・リートフェルト)の息子にあたる、Wim Rietveld(ウィム・リートフェルト)デザインのヴィンテージイージーチェア”OASE”。1958年にFriso Kramer(フリソ・クラマー)なども在籍したAhrend de Cirkel(アーレント社)より発表されました。父親に負けないほど、数多くの素晴らしい作品を残した彼の代表作でもある”OASE”は、オランダ語で「オアシス」の意味し、オランダのインダストリアルデザインらしい線の細いメタルフレームに雰囲気のあるベークライトの肘掛け、デザイン性だけでなく、「オアシス」にいるかのような、優しい座り心地も表現されています。ファブリックはKvadrat社のhallingdalにて張り替え、上質で爽やかな印象に仕上がりました。

商品ID612U126
材質メタル ベークライト
寸法 (cm)W 59 D 70 H 74.5 SH 40.5
送料Cランク  詳細
販売価格SOLD

弊社のヨーロッパヴィンテージアイテムは主に1950〜70年代に生産され、自社工房にて経験豊富な職人によるメンテナンス及び張替えを施しております。商品の状態は画像と説明文にて記載しておりますが、ヴィンテージ独自の細かな傷などございますので予めご理解下さいませ。商品のより詳しい状態についてご希望の際は商品IDを明記の上、お気軽にお問い合わせ下さい。また初めてのご購入をご検討の場合は是非、ご安心してご注文が出来るようショッピングガイドを一読頂けますようお願い致します。